シラミ駆除

ヒトに寄生する主な2種類のシラミに効く新製品発見

シラミに寄生されたら、早く駆除しないと知らぬ間に増えるので要注意。

子供に多いアタマジラミ。
家に持ち帰って家族にも感染し、一家全員アタマジラミに寄生されたなんて事も起こり得ます。

大人に多い毛ジラミ。
痒みが出始めてひどくなるだけでなく、フン(血液のカス)が下着に付着したり、または、一種のアレルギー反応として皮膚にも色素沈着が引き起こす事もあるようです。

こうしたシラミは、早く除去したいもの。

しかし、今までの薬用シャンプーやパウダーには、限界がありました。
成虫や幼虫には効くけど、卵には、まったく効き目の無いもの。
天然成分だけで安全性は高いけど、その分、効き目が出るまで遅いもの。

どちらにしても一長一短。

ですが、これらのウィークポイントをクリアした新しい商品が密かな注目を集めているようです。

それがシラミンという新製を用いたシラミ駆除の方法です。

シラミンには、シャンプーとローションの二つのタイプがあります。
このうち、ローションであらかたのシラミを駆除した後、シャンプーを用いる事で更に追い打ちをかけることができるようです。しかも、最短20分で駆除できるようです。

本当にそんな早くできるの?
この点は、臨床研究も行われた上でのデータのようです。

しかも、シャンプーには、シラミ忌避効果の有る香りが含まれていて、シラミ流行の時期に合わせて使用すればシラミの予防も担ってくれます。更に、健康面で気になる殺虫成分も含まれていない天然由来成分のみなので安心です。

全て、天然由来成分で出来ているとの事。
なのに、今までの製品よりも効果的にシラミを除去。
最短で20分程度でほとんどのシラミの除去が可能。

日常的にできるアタマジラミの予防法

アタマジラミに感染すると、場合によってはかなり痒くなってしまうことがあるようです。

なんでも、頭皮に傷がつくくらい痒くなってしまうのだとか。しかも、アタマジラミは髪に寄生している間に、たくさんの卵も産み付けるため、一度アタマジラミに感染してしまうと、痒みなどの症状が自然治癒することはまず無いみたいです。

なぜ痒くなるのかというと、アタマジラミが吸血する時に、痛みを感じさせないようにする為の成分を流し込むらしく、それが、人にとってはアレルギー反応の原因となり痒みを引き起こすようです。

アブや蚊などの虫に刺された時に、痒みが引き起こるのと同じ理屈ですね。

となると、アタマジラミにならないよう、日常的に対策を講じておいた方が良さそうですね。では、日常的にできるアタマジラミの予防法には、どういったものがあるのでしょうか?

調べてみたところ、掃除と洗濯を小まめにするのが一番確実とのことでした。

なんでも、アタマジラミは人間の髪に寄生していなくても、2~3日は生きているらしく、それ以上経過すると、吸血ができないせいで餓死してしまうそうですが、畳やシーツ、枕カバーなど頭部の接触が多い場所でも、それは変わらないのだとか。

となると、掃除や洗濯を小まめにすることが、アタマジラミの予防法となるのも確かに頷けますね。

ちなみに理想を言えば、絨毯や畳なら毎日掃除機をかけ、枕カバーやシーツなどは洗濯前に60度以上のお湯に5分ほどつけるのが良いとのことでした。うーん、日常的な予防法って手軽なイメージがありますけど、アタマジラミの場合はちょっと違うみたいですね。

体長1ミリ弱の小さな虫なので、徹底的に対処しているつもりでも、どうしても見落としてしまいそうなものなので、できるだけ早い段階でアタマジラミを発見し、それ以上ひどくならないように、シラミ専用のシャンプーやローションで駆除するようにするのがベストなのだなと思います。

毛ジラミの卵の取り方は?

毛ジラミで面倒なのは、成虫よりも卵だそうです。
毛ジラミの成虫は、大きさとしては1~2㎜ほどあり、目でもはっきり分かるため、指でつまんだりブラッシングしたりして、除去することができるみたいです。

と言っても、毛ジラミを知らないとただのシミにしか見えないそうなので、この辺を気を付けなくては、気づいた頃には、ものすごい数になってしまっていたなんて状況に愕然とするかもしれません。

しかし、毛ジラミにより陰毛に産み付けられた卵は、大きさ的にブラッシングでは除去できず、なかなか目視も難しいため、爪で簡単に潰せるとは言え、なかなか取り切ることは難しいのだとか。

では、毛ジラミの卵は、どのように取れば良いのでしょうか?

今までは、卵まで取るには、陰毛を全部剃るしか方法は無かったようです。
スミスリンパウダーやシャンプーによって殺虫する事で除去が可能となっていますが、卵を除去する事まではできません。

スミスリンシャンプーなら、3~4日に1回洗うと2週間程で毛ジラミの成虫や幼虫は除去できるとのことでした。しかし、フェノトリンという成分は、どうやら、農薬などに含まれる殺虫剤と同じ成分らしく、その辺が健康的な部分で気になるものです。

そこで、他に方法が無いのかと思って探してみたところ、天然成分だけで即効性もあり、しかも、毛ジラミだけでなくアタマジラミも使用することが出来るシラミンという製品があることを知りました。

健康面での安全も十分に考慮されて、その上で効き目も有るなら、これ以外の選択肢は今のところなさそうです。